テフロン®PFAサニタリー配管

「シナジー®システム」

 テフロン®PFAサニタリー配管 < シ ナ ジ ー ® シ ス テ ム >

 

 シナジー®システムはNewPFA(400HPグレード)を使用した、通常のSIPやCIPサイ

 

 クルに耐えられる非金属性サニタリー配管です。接液面がPFA製ですので、殆どの薬液に対して

 

 も変色したり穴があいたりせず腐食性媒体の取り扱いに理想的です。PFAは不活性で非粘着性で

 

 あるため、最も金属に敏感で壊れ易いタンパク質の取り扱いにも非常に適しています。また、洗浄

 

 が容易でプロセスの中断、クロスコンタミネーションと歩留りの低下を最小限に抑えます。

 

 

 

    特  徴

 

 

 

  耐薬品製

  ・殆どの薬品に対し不活性で腐食しない。

  ・流体を汚染したり、匂いや色が残らない。

  ・他の材質では不可能な過酷な薬液洗浄(CIP)が可能。

 

  耐熱性

  ・一般的にテフロン®は−100℃以下〜+260℃の広範囲で連続使用が可能。

   液体窒素の沸点−196℃でも強靭で粘り強く脆くならない。

   (使用温度範囲については下記グラフを参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   *飽和蒸気149℃に相当する圧力359Kpaでの蒸気滅菌が可能

 

  非粘着性

  ・流体物との付着が少なく洗浄が容易。

  ・流体との摩擦抵抗が少ないため流動がスムース。

  ・しかも表面が平滑であるためにバイオフィルムをホールドしない。

 

  純粋性

  ・汚染の原因となる可塑性、安定剤、酸化防止剤等の添加物が一切含まれていない。

 

  金属イオンの溶出が極少

  ・金属イオンに敏感な製品ラインに最適。

 

  透明性

  ・流体物の目視確認ができる。

  ・配管内部の汚れの目視確認ができる。

  ・サイトグラスに比べ安価で破損しにくい。

 

  溶着による施行が容易

  ・溶着によるアッセンブリーが容易なため、部分的なライン変更に対し、安価で迅速に対応可能。

 

  軽量

  ・金属配管材に比べハンドリングが容易。

  ・落下による事故の低減。

 

  対微生物分解性

  ・酵素や微生物のアタックに対して不活性。

  ・微生物の成長を増長する総酸化炭素(TOC)の抽出が極少で、微生物をホールドする表面のポケットがない。

 

  ステンレス製電解研磨品に比べランニングコストが安価

  ・リュージュ現象が起こらない。

  ・定期的なメンテナンス(不動態化処理)を行う維持管理費がかからない。

 

  耐候性

  ・いかなる気象条件下のもと、屋外で長期間使用しても、酸化、表面汚染、変色、

 

   老化現象等が起こらず、紫外線及び水分の吸収による劣化もない。

 

  バイオフィルムの除去比較(テフロン®PFAとSUS)

  ・バイオフィルムの成長と除去は表面の仕上げ、疎水性と化学成分によって影響を受けます。

 

   バイオフィルムの専門家がステンレス、PFA及びその他の原料に対するバイオフィルムの付着と除去を研究しています。

   下の写真は240グリット仕上げの316Lステンレスと比べてPFAの除去性能がかなり優れている事を示しています。

< テフロン®PFA >

(洗浄前)            (洗浄後)

< SUS316L >

 

 

 

(洗浄前)            (洗浄後)

 Entegris社は常に最高の安全性を追求しております

 

 

 全てのシナジー®製品の接液面はFDA認定の材質で構成されており、3−Aサニタリースタンダードのみならず、

 USPクラスⅥやUSDA基準にも準じております。常に最高の安全性を追求しております。

 

製品に関するお問い合わせは下記フォームより

*印は必須項目です

ありがとうございます!メッセージを送信しました。